【経営者目線】スカウトマンとの付き合い方

どうもメガネです。

今日は風俗コンサル及びスタッフ目線としてのお話です。そもそも風俗のコンサルってなんです?って話をよくされるのですが

コンサルティングとは?
企業などのクライアントに解決策を示してその発展を助ける業務を行うことである。

風俗を新規開店したり、開店したけど売上が伸び悩んでいるという店舗に解決策を促して売上を伸ばす仕事とお考え下さいませ。
名前は大層ですが自らの経験がものをいう仕事でもあります。

こういった仕事をしているとコンサル後に成功した会社から紹介という形でお店を紹介されることがあります。今回紹介されたお店が抱える問題は

人手不足=女性不足

とのことでした。
私のメインエリアの大阪では女性の供給に困ることはあまりないのですが、今回のコンサルのお店は三重県ということで確かに女性の確保が難しいエリアではありました。

これまでどうやって女性を確保してきたのか?という質問に対しては

  • 女性からの紹介
  • 求人サイトからの応募
  • スカウトからの紹介

という順番がメインの女性確保でこれまで回してきていましたが「女性からの紹介」が少なくなるにつれ徐々に出勤人数が平均20名から平均10名に落ちてきたとのことでした。

こうなったのには店舗運営自体の根本的な問題がありましたが、お店の希望を聞いてみると

女性確保はスカウトを
女性確保のメインにしていきたい

というお店の考えが見えてきました。
スカウトを使う場合のメリットやデメリットを考えた上での結論とのことだったが本質を見抜けているか?とのことで、まずはスカウトとはなんぞや?ということをお店に問うことにしました。

スカウトとは?

スカウトとは?
優秀な人材の勧誘や引き抜き行為を指します。

●芸能スカウト
道端でルックスが秀でている人を勧誘して、自社の会社で芸能人デビューをさせる。

●風俗スカウト
道端でルックスが秀でている人を勧誘して、風俗店に斡旋して紹介料をもらう。

ほぼ同じ意味合いに思えるこのスカウト行為ですが、残念ながら風俗スカウトは犯罪行為になります。
すごく簡単に書きますと、性風俗産業に職業を斡旋すること自体が罪…というよりも国に認められていない行為に当たりますのでダメ!っていうのが国の方針になります。

闇金融やスカウト行為も基本はグレー以上ブラックな仕事ではあるものの、会社を設立し経営しているところも沢山あります。世間的にはアウトといわれる業種なのに、なぜこんなに参入している会社が多いの?と言われれば…答えは簡単ですね

『お金です』

スカウトマンが好むお店

pexels-photo-large

スカウトマンを志す男性と風俗業に来る男性とよく似ています。

  • 金を稼ぎたい
  • 女にモテたい
  • いい車いい女

このように至極単純な理由で夜の世界に入る男性がほとんどです。

若いうちに大金を稼げるてっとり早い仕事でもありますし、担当した女の子が単体AVなんて出た日には一気に500万円くらいの歩合が入ってきたりします。
そうじゃなくても、コンスタントに風俗で働ける女性を10人前後確保しているスカウトマンなら月収100万くらいは余裕で稼いでいる人は多い業界です。

注意
反面稼いでいない人は月5万もいかない厳しい業界でもあります。潰しが利かない厳しい労働環境なので短期決戦で稼ぐか、後の経営資金など考えないと厳しいところがあります

大金を稼ぎたいスカウトマンが多いからこそ、女性を連れていくお店には必ず特徴があります。

  • 調子がいい店
  • 保証を出す店
  • 懇意にしている店

なので新しく開業したデリヘル店や、来客が少ない弱小店舗などには貴重な収入源の女性はスカウトマンは連れて行きません。そういう意味でスカウトマンがこぞって連れてくるお店は

風俗として成功しているお店

と認識して大丈夫です。
そして、お店側も求人サイトなどで女性を確保出来ないのであれば、女性を安定的に供給してくれるスカウトマンに頼りたくなる…という理屈は至極当然のことだと思います。

しかし『スカウトマンをメインにした女性確保』というのはあまりにも危険な道であり、ここを辞めない限りお店の繁栄は二度ありません。

それにはこんな理由があります。

スカウトバックによる経営圧迫

都の条例などによって主要なエリアでのスカウト行為を違法行為として厳罰されております。
仮に日本からスカウトマンが撲滅するのであれば、求人サイトに広告費をぶっ込めば済む話ですが、今の現状は

スカウトマンへの支払+求人媒体への支払

こういった求人に対する費用がかさむことは店舗側としてはマイナスであり、利益が大きいグループ店でない限り長続きしません。
ピンとこないかもしれませんので少し例題を出してみましょう。

●例題
60分20000円のお店で、女性の給料が60分10000円だとします。この女性が30日間で100人のお客様を相手をした場合

A社:スカウト無しの場合の利益
B社:スカウト有りの場合の利益

A社 B社
女性の給与 1,000,000円 1,000,000円
スカウトバック 0円 -200,000円
スカウト顧問料 0円 -50,000円
利 益 1,000,000円 750,000円

同じ女性が入店していてもこれだけ利益の差が出てきます。

月で25万の差なら年間300万の金額の差が発生します。それだけのお金があるのならもっと集客活動や求人活動を自社で出来ることが沢山あります。

スカウト依存での失敗例

ネットでは成功体験はよく見ますが失敗体験はなかなか見つかりません。人は自分の考えを正当化したいものなので仕方がないですが、失敗から学び二度と同じ過ちを繰り返さないことが大切です。

①最初は成功した

この会社は15年に出来た会社でマンションのポストにチラシを投函することから始まりました。当時はバカでも女性がいれば成功すると言われた風俗全盛期の時代です。この会社も雑誌や新聞とうまく使いながら着々と業績が伸びていきました。

②10年前に転機が訪れた

マンションへのチラシ投稿が違法になったが、まだ雑誌が強い時代はよかったのだが、webが登場したことにより集客の主役はインターネットになっていきました。

月間売上 平均出勤人数/日
1995年 60,000,000円 40名
2000年 70,000,000円 50名
2005年 40,000,000円 30名
2010年 10,000,000円 20名

web集客に遅れたお店は徐々に右肩下がりで売上を落としていき、ネット整備が完了する頃には女性も顧客も流出してしまった。

③悪い評判が早急に広がる

インターネットという媒体を得た顧客はこれまで知り得なかった店舗を知ることにより急激に客離れを引き起こした。そうなると…

  • 女性も一緒にいなくなる
  • スタッフも次々辞めていく
  • 元の売上には戻らなくなる

こういった負の連鎖が続き、自力での売上回復が厳しいと判断した経営者はこれまで手を出してこなかったスカウト会社に女性獲得の依頼をしました。

④スカウトマンにより女性が増える

coins-currency-investment-insurance-128867-large

潤沢な資金を元手にスカウトバックを奮発することにより業界内での評判は高まり、十数社のスカウト会社と取引をすることで一時は1日10人まで落ち込んだ出勤人数が1日30日まで回復し、これで売上が伸びると確信した経営者はより好条件の女性をもっと入店させるようにスカウト会社に発破をかけたのである。

しかし…スカウト会社はある罠を仕掛けていました。

  • 他店でクビになるような子をお店にいれた
  • 女の子の保証条件を徐々に上げていった
  • 一定数の女の子を入れることを条件に顧問料を上げた

これは後からわかったことですが、常に女性が入店してくる状態に経営者は麻痺してしまい「女性の質」を見抜く力を失ってしまってました。

⑤数だけでは生き残れない

紙媒体の時代の風俗は、ルックスが平均点以上を求められることはなかった。
しかし、インターネットの復旧により女性のルックス・サービスが平均点以上でなければ顧客獲得が難しいのに他店で「地雷(サービスが悪い)」と呼ばれる女性を多く抱えたお店は女性の数とは反比例して更に売上が落ちて行った。

こうなると経営者は完全にパニック状態です。

  • ドンドン増えるレベルが低い女性
  • ドンドン落ちる売上
  • ドンドン増えるスカウトバック
  • ドンドン増える保証割れ

この後2012年以降この経営者は広告代理店への振込を保留にしたまま姿を消しました。
もう関西圏で彼の姿を見ることはないです。

 

ではどうするべきなのか?

pexels-photo-48566-large

スカウトマンに頼らず求人サイト1つに絞って女性を確保する決断をするとどうなるのだろうか?

これは言葉にすると簡単だが、実行するとかなり難しいです。
風俗求人が紙媒体からweb媒体に移行し、誰もが手軽に情報を共有できる時代だからこそ新しいことをするにはそれなりの覚悟と大胆な転換が必要になります。

◆広告代理店をつける

風俗の広告代理店というものは数が少ないので実力の差がハッキリ出ます。様々の広告代理店とコンタクトを取り、自社に合った・女性にウケる求人サイトを作れる会社をみつけ、求人制作能力を高める必要があります。

求人サイトの掲載となれば毎月一定の掲載料はかかるものの、その求人サイトから1名でも入店があれば

十分ペイできる金額です

 

◆スカウトも完全に切っちゃダメ

求人で入店が安定してきても女性が永遠に確保できる訳ではありません。安定供給元のスカウトマンとも程よいお付き合いは必要になります。

ただその比率が

A = スカウト(9): 求人(1)
B = スカウト(4): 求人(6)

だとすると手元に残る利益はBの方が圧倒的に多くなります。お店が軌道にのり顧客の数が戻ればお店から抜ける女の子も減少し人気店舗の仲間入りできます。

スカウトバックの固定費が大きくなり、スカウトマンに依存する経営体制の負の連鎖から脱却することが成功への一歩となります。

総括

person-apple-laptop-notebook-large

いかがでしょうか。

すべてを伝えるにはページ数が足りない!って言うのが本音ですね~。
結局コンサルを頼んできた会社には

  • 求人サイトに力を入れる
  • 求人応募への正しい接し方
  • 顧客の教育方法
  • スカウトへの対応

こういった部分を一から見直してもらい、在籍している女性のリピート率を改善することにより売上が改善していきました。

スカウトのメリット・デメリットを理解すれば、どのように付き合っていけばお店のためになるかが少しは見えてくるかと思います。

商売である以上win-winの関係が理想的ですが、食うもの食われるものの差がはっきりしている風俗業界…あなたも気をつけていきましょう。

【女性】お店探している人
【男性】風俗体験談投稿希望
管理人メガネにLINE下さい

 メガネは風俗テンプレートを運営しつつ
風俗店に勤務しております。

当サイトから、当グループに入店された
女性には特典として

【僕の歩合給を女性にフルバック】

しております。

グループ全店で1日平均800本の仕事量、好条件は当たり前、高級店・大衆店・激安店・人妻店・などなど貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させて頂きます。

男性の方は、ご自身の【風俗体験談】をお送り頂けるとメガネより素敵な情報をプレゼント。
まずはお気軽にLINEおまちしております。

ebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

メガネ

現役風俗スタッフ兼風俗コンサルティング会社の社長。得意なのはネット集客・電話応対・昼寝。※取扱注意点:女の子が苦手なのにこの業種で働くという変わり者、話す際は心してかかって下さい。