風俗SEOの意味の無さを暴露&ヘブンネットランキング攻略

どうもメガネです。

2月は風俗業界は閑散期になります。
1月が100だとしたら2月は90くらいの印象ですし、1ヶ月が28日しかないのも売上減少に繋がる要因になります。

この時期になるとLINEにこういう相談がめっちゃ増えます

女さん「メガネさんのお店稼げる?今の店すっごい暇だからそっち行きたいんだけど~」

メガネ
全力でお断りします

 

2月って、1月の散財と3月に向けての準備期間なので客足が遠のくってのは風俗業界と関わりある人なら誰にでも想像出来るはずなんですよね。

でも売上がいきなり0になる訳でもないし、顧客の性欲が0になる訳でもないんですよね…結局のところ

お金出して会いたくなる女じゃないんだよ

と直球で言うこともしばしば。
だって、閑散期といえどリピーターが多い女性は

毎日完売になってるからね

風俗業界で毎月100万以上稼ぎたいならリピーターの存在は『最重要項目』です。
女の魅力を売る商売なんだから、そりゃ同じお金払うにもイイオンナにお金を落としたいものですよ男ってやつは。

女さん「じゃあどうしたらリピーター取れる~?」

メガネ
コンビニバイトでもしてろ

 

相手の気持ちを汲み取れないカス風俗嬢にならないように、皆さん日々精進致しましょう。

さて、女性も悩むこの2月閑散期という季節。風俗経営者の悩みの種である問題が発生しやすい時期であります…それは

女性一気に出稼ぎ&退店問題

地元で稼げないカス風俗嬢は、保証額が出る出稼ぎに一気に羽ばたきます。また、地元でもっと稼げるお店はないか???と新店舗を探す女性が続出するシーズン…経営者としては

女性を稼がせて店に定着して欲しい!

という思いが爆発していると思います。
様々な手法で集客を図る上でこういった結論に達する経営者も多いことでしょう…

ネットで露出が増えればもっと顧客が増える…
そういえばSEOってあったような…

こういった流れからSEO会社の門戸を叩く経営者がいるのですが、そもそも風俗のSEOって…意味あるの?という疑問符が今でも拭えません

という訳で本日の記事は・・・

風俗業界に忍び寄るSEO会社の甘い罠
その広告費全部無駄になっている問題

をお届けします。

メガネ
SEOって今でもよくわかってないんですよね~。
だってそんなことしなくても売上上がるんだもん

風俗SEOの現実

pexels-photo-220357

店舗型のように顧客がお店に足を運んで、フロントで面白可笑しくコミュニケーションを重ねていく風俗であればそこまで躍起になる必要はないのですが・・・

デリヘル(無店舗型)に関しては

  • ネット
  • 雑誌
  • 新聞

といった広告でしか顧客に自分の店をアピールする場がありません。
紙媒体全盛期の時代はいかに高い金額を払って『風俗雑誌』に自分のお店のページをブチ込んでもらいかが集客のミソでした。

状況を一変させたのは・・・

ネット時代の到来

紙媒体(雑誌・新聞)よりも

  • 安価
  • 情報量も多く
  • リアルタイム更新
  • 自分たちでカスタマイズ可能

そんなもの流行らないはずがないですやん!って話です。

以前は風俗雑誌1ページで50万持っていかれていたのが、今ではネットで広告5万出してくれたら雑誌5ページ無料掲載します…時代の移り変わりを象徴するような現象が現場で繰り広げられています。

ですが、現場第一主義で日々の業務がクソ忙しい風俗業界では…

  • ネットとか勉強する時間が無い
  • SEOとかよくわからない
  • 代理店がなんとかしてくれる

などなど、作業を丸投げしちゃう傾向がとても強いです。そこに目を付けたのが

風俗専門SEO会社

SEOとは
Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。 検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを指します。
分りやすく言うと、googleやyahooの検索結果で1ページ目の順位が高い場所に表示する作業のことですね

SEOの歴史は浅く、大手・中小・個人と参入する会社は多いものの…

結果が出ているかどうかわかりにくい

という不透明感が常に拭えないのが特徴です。

例えばこの『風俗テンプレート』というサイトがあり、集客を増やしたい!という事で…

  • 『風俗テンプレート』
  • 『デリヘルテンプーレト』
  • 『ヘルステンプレート』

こういった用語でgoogleやyahooで検索してくる顧客を捕まえたい!という場合どうすればいいのかというと…

検索1ページ目の一番上に
表示されるのがいい

ということです。少し前の資料になりますがこちらをご覧下さい

aaa

英数字で分かりにくいのですが、上記の図は

順位ごとのクリック率の表です

例えば10,000人の顧客が『風俗テンプレート』という単語を調べてくれたとして、表示順位が…

  • 1位であれば:34.35% ⇒ 3,435人
  • 2位であれば:16.96% ⇒ 1,696人
  • 3位であれば:11.42% ⇒ 1,142人
  • 20位であれば:0.29% ⇒  290人

風俗テンプレートのサイトに来てくれるパーセンテージを表した表になります。

その時に自分のサイトがどの順位にいるかによって、見てくれる人は全然変わってきます。
特にランキング好きの日本人の特徴として、欲しい情報は大体トップ3に固まっていることが多く…

トップ3が全体の6割のシェアを独占

これがネット界の常識です。そうなるとこのような思考になるのは必然です

  1. サイトを立ち上げたけど自力だと20位が限界
  2. 更新をサボれば一気に順位が落ちるかも…
  3. かと言って検索の順位の上げ方なんてわからない…
  4. でも1位だともっとお客さん増えるかも
  5. そういえばSEOって聞いたことあるな~
  6. お金払えば順位が1位になる!
  7. やってみよう!

SEOに手を出す経営者の方は大体がこのパターンでSEOを始めて…

ほとんどが騙されます(笑)

◆悪徳SEO会社の常套句◆

  • リンクを貼ればスグに順位上がりますよ
  • コンテンツを自動生成すれば順位は上がりますよ

上記は昔ながらのSEO方法で、風俗のHPでたま~~にトップページにめちゃくちゃ風俗系のバナーを貼っているHP見たことないですか?

この行為google的には…

5年前は有効
今はペナリティ対象

という結果となり、最悪の場合

検索結果に表示されなくなり
SEO会社にお金も取られる

という結果になる会社も少なくありません。
検索結果の精度は日々向上し、顧客が見たい情報を沢山盛り込んだ良質なサイトが上位に来るようになっております。

まとめサイトやyahoo知恵袋の大幅な下落

こういったこともある程度予想されてましたが、SEO会社的にはとても痛い結果だったらしいですね。
現実として僕のサイトはSEO会社にも頼ってなければ、日々ブログを更新しているだけのサイトです。それでも

reio

これだけの結果を得られています。

メガネ
時代と技術と思考の変化によりSEOは日々変化します。
結局は自分自身が知識をつけて正しい方法で施工していかないと、今後のネット社会では生き残ることが出来ません

騙されない為には

pexels-photo-200303

風俗の経営者もスタッフもSEOのプロでは無いので、全ての知識を把握する必要はないと思います。
ですが、全て業者任せだったりすると、いざという時何も行動出来ないことの方が多いので、最低限把握しておくべき知識というのは存在します。

①自分が自社のHPを理解する

デリヘルの集客は完全に『ネットビジネス』になります。

  • HPを日々更新する
  • 何をすれば顧客が喜ぶか考える
  • その為にはHPをどのように運営すればいいか
  • 顧客からの反響を増やす為の仕組み
  • 他社に負けないサービスを考える

などなど、創意工夫を持って顧客の『顧客満足度を向上』する仕組みを考えるのが大事です。いざそれを形にするのが

広告代理店・SEO会社の仕事です

②正しい知識を身につける

悪質なSEO会社の特徴として…

説明をはぐらかす

という傾向があります。
先にも述べた、リンクを貼れば…コンテンツを自動生成すれば…という話の流れもそうですが…

  • この作業することによって
  • google内ではこういった結果が伴い
  • 順位上昇という結果をはじき出せる
  • 証拠としてgoogleアナリティクスなどで
  • 具体的な数字として証明できますよ

ここまでの落とし込みが出来ているのであれば話を聞く価値はあるともいます。

結果が出てるんでやった方がいいですよ~
実際に施工している店舗名は明かせません

という様に話をはぐらかすSEO会社は鼻っから相手にしない方が賢明です。

③複数のプロに相談

SEOに関しては日々状況が目まぐるしく入れ替わり、数日前のテクニックがいきなり通用しなくなることもしばしば。
施工内容や施工結果も、担当する人の技量次第で大きく変わることがあります。

他にも申込があって
今申込しないと次は受けれませんよ

という少し脅迫にも似た方法で契約してこようとするSEO会社もありますが、全く問題ありません。

複数社に相見積とるからそれから返答する

ここで得た知識を他のSEO会社に相談したら時代錯誤の全くダメなSEOと判明することもあります。

メガネ
SEOに関してはとにかく

即決はNG

話を聞いた上で、どうしても結果が知りたい場合は
『成果報酬』や『無料期間』など条件を付けた上でお願いする方がいいです。
SEOはそれくらい不透明なことなので、実際契約だけ取って、何も施工しないSEO会社結構多いですよ

ポータルサイトのSEO

pexels-photo-114907

自社のサイトが検索で上位になっても客足があまり伸びない…これは僕自身も経験したことがあります。

1日のアクセス数が5000PVから10000PVに代わっても1日の集客はあまり変わらないこともしばしば…では、風俗を利用する顧客はどこから女の子を検索するのか??

ポータルサイトです』

ポータルサイトとは
多くのユーザがインターネットにアクセスして最初に訪れるWebサイトのこと。 多くの人が最初にポータルサイトにアクセスし、そこから様々なWebサイトにアクセスしています。

風俗でのポータルサイトの主要サイトは…

  1. ヘブンネット
  2. デリヘルタウン
  3. ぴゅあらば

やはりこの辺りを押さえていれば問題ないでしょう。あとは地域ごとに地元に密着した風俗サイトを抑えるべきですね。

関西であれば
奈良県でデリヘルをするなら『ナラモリ』
大阪なら『ヘブンネット』『デリヘルタウン』『見えチャット』
そのエリアによって強いポータルサイトは様々です

どのポータルサイトが強いかわからない場合は、まず顧客の気持になって検索してみましょう。

  • 『地名 デリヘル』
  • 『地名 風俗』

こういった検索でトップ3に来るポータルサイトは比較的集客力が強いサイトです。後は…

集客に強いポータルサイトだけに
広告費を出す

風俗のポータルサイトは増やせば増やすほど作業量や広告費の圧迫がつきまといます。集客力があるサイトに的を絞って広告費を上乗せした方が、結果売上が伸びることはよくある話です。

あとはそのポータル内でいかにランキングの順位を伸ばすかですが、その手法をほんのちょこっと掲載します

ポータルサイトの順位の決め方

ポータルサイトはサイト毎にランキングの表示の方法が変わってきます。
代表的なランキング表示方法として

  • PV数
  • UU数
  • ポイント制など

●ヘブンネット●

  • ポイント制によるランキング制
  • 広告ランクはA以上でなければトップ3には入れない
    (※ただし地方はBランクでも入れる可能性あり)
  • コンテンツの豊富
    (写メ日記の投稿数・直送便などのリンク設置数)
  • 即ヒメ利用頻度・プラチナメールは1日最低1回
  • UU数

●デリヘルタウン●

  • 広告ランク第一主義
    Sランク出無ければ1位は絶対に無理
  • UU数+クリックされたPV数
  • サイト更新頻度
  • 写メ日記の有効時間は24時間

といった具合でサイト毎にランキング掲載のばらつきは存在します。サイトの特性を把握して正しい方法でSEOを実施すればランキングって結構簡単に上がります。

証拠【ヘブンネット攻略】

pexels-photo-225502

先ほどのSEO会社の話で言えば、どのようにランキングが上がるかが説明されていないので具体的に説明していきましょう。

用意したのは2社のヘブンネットに掲載している会社様

メガネ
上記の会社様ですが、僕が勝手にアクセス上げてランキング上昇させてます。

SEOも依頼されてませんし、もうSEOの施工外しているんで2/10以降は徐々にランキングは下がるはずです。

ランキングがそのままだとすれば…ラッキーパンチとして捉えてもらいたい(笑)

この2社で施工しようと思ったキッカケ

  • 地方という事で非常に効果が出やすい
  • 写メ日記をキチンと投稿している
  • 毎日女性が出勤している
  • サイトが毎日更新されている

以上です。
いやいや、そんなことウチの会社毎日やってんで!という声の方が多そうですが…正確には

  • ランキング上位のお店の写メ投稿数+10通(毎日)
  • 直送便(リンク設置)を毎日全て使い切る
  • 上位更新は最短10分毎に使用・勿論全て使い切る
  • フリースペースなどに隠しタグは有効
    ↑やりすぎは不正の対象なので徐々に試すべし

ここまで徹底されているかどうかと言われればどうですか??
これを基盤として、女性に出勤人数やアクセス数、広告ランク、実際の利用顧客の人数でヘブンのランキングは決まります。

◆1/23付 SEO施工前◆

施工開始前となり、両店ともヘブンのトップページにも表示されていない状態です。
お客様も見つけるのも難しい状態ですね。

123

◆1/30付 1/24よりSEO施工開始◆

1/24よりアダルト系のサイト・ブログに広告を載せました。

  • 無料動画系のサイト【1日50万PV】
  • ワードプレスで作成した体験談ブログ【1日5,000PV】

双方に毎日記事とともにリンクを設置し、お店に客が集まるように誘導します…そうすると1週間後にはこのような変化が現れます。

130
  • ハニールームさん
    元順位15位 ⇒ 1週間後11位【4位ランクアップ
  • La.chou-chouさん
    元順位23位 ⇒ 1週間後24位【1位ランクダウン

 

◆2/6付 1/24よりSEO施工開始◆

1/24よりアダルト系のサイト・ブログに広告を載せつづけました。もちろん記事は日々更新しているのでクリックする顧客は多くなっていきます…その結果

0206
  • ハニールームさん
    元順位15位 ⇒ 2週間後5位【10位ランクアップ
  • La.chou-chouさん
    元順位23位 ⇒ 2週間後6位【16位ランクアップ

 

というような結果となりました。
一応2/10時点でリンクを設置していた記事と記事は全部落としたから、次週からのランキングは徐々にランキングダウンして元の位置に戻る予定です。

多少の手は加えているものの、これだけお店のランキングが上がれば

  • 新規の顧客がお店に付く
  • 女性がリピーターを返せれば売上が上がる
  • お店がコンテンツを見直せばもっとランキングは上がる
メガネ
本来のSEOってこのように結果を出して、少ない投資額でお店の売上を最大限に伸ばせないと意味が無いんですよね…

ちなみにこの施工は月額5000円です。
興味がある人はメガネにLINEよろよろ(CM)

総括

pexels-photo-45072-large

いかがでしょうか。

普段よりポータルサイトの更新で手一杯の人も多いかと思いますが、風俗の集客ってそれだけでは限界があります。

僕も以前は【ベンリィ】という自動更新ソフトを使用して、24時間永遠に広告を出し続ける事が風俗の集客!と思っていたのですが…

  • 200以上の無料サイトを全部削除
  • ベンリィ・新着んの使用を禁止
  • ポータルサイトは4社(有料)のみ
  • 空いた時間はサイト更新と女子管理
  • あとはこのブログ書いての暇つぶし

と行っている作業はMAX時の1/10くらいなのに…

売上はむしろ伸びています

時間にゆとりが持てる分

  • 女性へのリピートの取り方指導
  • 顧客への接客内容の改善
  • お店の掃除等

本当に集客に結びつく部分を強化出来たのが理由だと思っています。
ネットビジネスに転嫁したとはいえ、最終的には女性と顧客が肌を合わせる仕事には変わりはないので…

ネットで有効的に集めた顧客に
最上級の女性を紹介する

メガネ
結局はここが出来ていないと、SEOが…集客が…とか言っても何の意味もないんですよね。

【女性】お店探している人
【男性】風俗体験談投稿希望
管理人メガネにLINE下さい

 メガネは風俗テンプレートを運営しつつ
風俗店に勤務しております。

当サイトから、当グループに入店された
女性には特典として

【僕の歩合給を女性にフルバック】

しております。

グループ全店で1日平均800本の仕事量、好条件は当たり前、高級店・大衆店・激安店・人妻店・などなど貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させて頂きます。

男性の方は、ご自身の【風俗体験談】をお送り頂けるとメガネより素敵な情報をプレゼント。
まずはお気軽にLINEおまちしております。

ebook

2 件のコメント

  • 初めまして。
    アクセスは不正アクセスにならないですか?
    わかりやすい、仕組みを教えてくれたら助かります。

    • 1日50万PVのアダルト動画サイト、1日10万PVの風俗系のブログ、またツイッターを利用します。
      ↑僕個人が運営しているサイトです。

      上記サイトにランキングを上げたい女性のPRやリンク設置をするだけ。アダルトサイトからアダルトサイトを紹介しているだけなので、逆にどうすれば不正アクセスと認定されるのか教えてほしいです。

      けど、ヘブンさんはいきなりアクセス上がり過ぎると調整の意味でいきなりブロックしてくることもあるので、リンク数などはランキングやアクセス数を見ながら調整していく感じですね~。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    メガネ

    現役風俗スタッフ兼風俗コンサルティング会社の社長。得意なのはネット集客・電話応対・昼寝。※取扱注意点:女の子が苦手なのにこの業種で働くという変わり者、話す際は心してかかって下さい。